豊胸をして見えた新しい世界

ヒアルロン酸による豊胸にチャレンジ

貧乳がコンプレックス | ヒアルロン酸による豊胸にチャレンジ | 豊胸で自信が持てるようになった

私が採った豊胸手段は、ヒアルロン酸注入によるものでした。
これに決めた理由としては自然な仕上がりになるのと、胸の形も美しくなることです。
人の身体に馴染みやすいのもヒアルロン酸のメリットですし、やがて効果が減少するということも了承しての決断となりました。
注入量は180�t、サイズはAカップ寄りのBカップから、Dカップへのサイズアップです。
料金は23万円で、1ヵ月分のお給料がほぼほぼキレイに飛んでしまいました。
ただ術後に仕上がった自分の胸を見たときの、あの喜びは忘れられません。
胸の違和感や軽い痛みは残っていたものの、目線を下げれば今までにはなかった大きな膨らみがあるのです。
軽く触るとフワフワした感触が伝わってきて、これが胸の大きい女性がいつも感じていたことなのだなと嬉しくなったのを覚えています。
ダウンタイムは、痛みと内出血でした。
痛みは帰宅した翌日から大きくなり、痛み止めを貰っていましたが基本的には我慢の連続です。
期間は10日間ほどでしたが、もしかしたらこれまでの人生で一番長い10日間だったかもしれません。
この間に支えになっていたのは、ダウンタイムの先に待っているであろう胸の大きな自分が過ごす明るい日々でした。
ダウンタイムが終わると、本当に美しく大きくなった自分の胸に惚れ惚れしました。
注入しただけなので傷も残りませんし、あからさまにバレることも有り得ないのです。
この安心感も、ヒアルロン酸注入の方法を選択した理由になっていました。